Aug/2017 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
医学界も、ようやく皮膚免疫とアトピーの関係に着目
ランゲルハンス細胞の皮膚免疫機能における役割が次々と解明され、日本免疫美容協会の皮膚免疫の理論の正しさが医学的にも検証されています。
2012年6月25日付の「NATURE JAPAN 」インターネット版で、
毛嚢が、皮膚と粘膜に存在する免疫細胞であるランゲルハンス細胞を表皮へと動員するきっかけを作ることが明らかになった、、
記事が掲載されたのに続き、

2012年7月5日付「朝日新聞」(東京本社版・夕刊)で、
「皮膚の免疫反応「毛包」から指令、
慶大などのチームが発見
脱毛症・アトピー治療に期待」
という見出しで記事が掲載され、アトピー性皮膚炎と免疫の関係が指摘され、将来アトピー性皮膚炎が治療される可能性がある、としています。

医学界の研究がようやく、アミノ酸研究家の小山秀男氏の理論に近づいてきたようです。

【朝日新聞に掲載された記事】
06/Jul.2012 [Fri] 8:50
日本免疫美容協会から : comments (x) : trackback (x)