Aug/2017 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
株式会社パトラ 設立15周年を祝う
免疫美容で使用する化粧品を扱う株式会社パトラが設立15周年を迎えたのを記念して、2012年4月17日、東京・池袋のメトロポリタンホテルで、セミナーと祝賀会が催された。
セミナーに先立ち、島野孝子NPO法人日本免疫美容協会理事長(株式会社パトラ社長)があいさつ。
免疫美容に出会ってから26年、株式会社パトラの前身であるパトラEONの会を作ってから15年の経過を語り、「設立当時の日本は経済的にも豊かで多くの化粧品を使う風潮でした。そんな中、真逆のコンセプトの免疫美容と出会い、納得しつつも苦難の道が続き、ようやく今日の免疫の時代を迎えることができました。しかも今は本物が求められる時代、まさにパトラの時代です。15周年を機に自然免疫の大切さを多くの人に伝え、免疫美容を通じて美容室やエステの活性化につなげていきたい」と、さらなる飛躍を期した。

このあと、第1級免疫美容セラピストサロンの認定証の授与式が行われ、香川県高松市の「アンルージュソレイユ」サロンに授与された。

セミナーでは、免疫美容理論の根幹であるランゲルハンス細胞についての復習をはさんで、島野孝子理事長がコーディネーターとなり、免疫美容を使用した実例報告が行われた。免疫をはたらかせることで、健康で若々しい肌に甦った数々の例が体験者本人らから報告され、受講者は肌の免疫の大切を再認識したようだ。

続いて、免疫美容の生みの親であり、アミノ酸研究家の小山秀男氏が「免疫美容誕生秘話」をメインテーマに講演し、免疫美容化粧品の開発経緯やランゲルハンス細胞やアミノ酸に着目したきっかけなどを語り、「アンチエイジングが注目されている今、すでに20年の実績がある免疫美容をさらに飛躍させたい」と語った。

セミナーのあと、会場を移しての祝宴では、多数の参加者が和気あいあいのうちに懇親を深めた。
途中、喜寿を迎えた小山秀男氏、同じく喜寿のジャーナル2氏合わせて3氏に花束が贈られ、祝宴に花を添えた。

【写真説明】
上・セミナー会場、中左・認定証の授与式、中右・実例報告、丸写真・あいさつする島野孝子理事長、「誕生秘話」を語る小山秀男氏、下・喜寿を迎えた3氏(左から、新館美容かながわ新聞社社長、浅利サロン流通新聞社社長、小山氏)
19/Apr.2012 [Thu] 13:56
日本免疫美容協会から : comments (x) : trackback (x)